我が社の家に住み‘た~い‘

実家の直ぐそばの畑を我が社のお客様が土地を購入して住まいを建てるようになった、最初はまさかと思っていたが現実になり、まもなく引き渡しのところまで来た。
このすまいより見積もりや段取りを社長に交代したばかりで、ほとんど現場には携わることはなかった、斜め前現場故に毎日進捗状態を見ていた、12月26日寒い日にふと温度計を外で見ると『外気温が9時2分時で0.8度/湿度53%』そのまま建築中(外部戸締り出来る状態)の床下に温度計を置くと16分後には『温度12度/湿度65%になった』ひゃ~すごく温い!、勿論現場であるから熱源はない、基礎断熱をしているから地熱だけの熱源が生かされている、すぐに我が家の居間で計る、暖房していて『9時25分時で温度が10.3度/湿度56%・続き間で9時49分時で6.8度/湿度57%因みに翌日6時35分時で4.1度/湿度56%』オ~寒い! 32年前に断熱材も入れてあるし通気構法の住まいにしている、途中から内窓を何ヵ所かいれてある、ただ基礎は基礎断熱でなく当時はどこも基礎換気をして根太の間に断熱施工をしている状態、今のようなウレタン断熱がなくウール系100ミリを使用していたけど・・・。今の住まいは窓(3層+アルゴンガス)・天井・壁(外断熱)だけでなく地熱の取入れ(基礎断熱)もしている。

こうしてみれば今の我が社の性能がピカ一良いのが解る、出来る事なら我が社の住まいに住みたいものですが、当時苦しい中で精魂込めて造った住まい、やっとローンが終わったばかり、まだ壊すのはもったいないと思うが、『娘は建て替えてすみた~い』といつも言っている、聞こえないふりをしているが・・・。

我が社の木材

今月は切時の良い木材が大量に入荷があり、それに1本1本背割りを入れたり並べ替えたりして倉庫に新旧の入れ替えをして自然乾燥をする。今木材が高騰しているが良い伐採時期(10~12月)に切ったものは、乾燥も早く・色艶がよく・虫が入りにくく、靭性もある最高の木材なので、安い高いに関係なく大量に購入しているのです。今回も良材が沢山入ってきた毎年買っているので、製材業者の方々が「フジマル用」にわざわざ目細できれいな原木を確保してくれています、我が社の木材は基本的には全て表し(目に見える)になることを知っているからです。製材したばかりの木材は比重が1近くあり本当に重い、基本の構造材(仕入れ時130×250×4000)で100k越すのです、それが3年で半分ぐらいの重さになる、ゆっくり自由水や結合水の水分が抜けるからです、この間に縮んだりねじったり変形します、それを4面加工機という機械で削る、どんなに表面が汚れや劣化していても機械から出てきたときには見違えるほど美しい、又同じものが1つもないので加工は楽しい仕事です。こうして自然乾燥をした木材を使用している工務店はいまでは皆無に等しい、今は殆どが(1立米当たり35リットル原油を使う)人工乾燥している木材なのです、地球温暖化や自然環境が問われている中でも利便性中心なのが現状です、なんでも早くが普通のようです。木材は自然乾燥が1番良いのですが、時がいるし又表しにするにも熟練の技や感が必要なのです、そのために我が社は優秀な職人の育成に毎日切磋琢磨しているのです、近年の引き渡しに伺うと技術の向上が年毎に進歩しているのがすごくよくわかる、技術職人達の進歩に感動を覚える。

取ってくれているのです

土壌

ブログも5月18日以来半年近くなる、仕事は運搬と家具づくりをしていた、片付けや運搬で体力が大分ついた、デスクワークはほとんどできない忙しさ。11月7日アルプ総合展示場オープンに価値ある一枚物樹齢≒300年、長さが4,500で元が1,400で末で1,200の無地物で本当に価値ある珍しい大型のテーブルの製作、因みに脚はこれまた珍しい4面柾の美しい鉄刀木を使っています、このテーブルと2本脚の椅子4脚だけ私が製作しました、やっと間に合ったという感じです、家では≒3反の田畑に精を出している状態です、コメ作りはそこそこ…、野菜作り(はじめて2年)はさすがに難しい、肥料には会社で出る木灰(カリ)を中心に使う、たまに古民家で出た土壁を入れたり、腐葉土を入れた肥料等土壌改良、基本的には農薬を使わないので、葉野菜は虫との葛藤そして草取り、何事も一生懸命にするので例え不作でも、鳥獣被害にあっても原因追及や反省するだけ、良い物造りは早く原因の糸口を掴むことが望ましい。種を植えても良い土壌でなければ芽が出ない、後継者育成も良い土壌の会社でなければ、良い人材は育たないし入ってこない、土壌の大切さをしみじみ味わう昨今です。

 

 

 

 

交代

今期から代表取締役を交代した、さして理由はないが社長の大輔に代表を任せることで、社長としての人間性成長を少なからず期待しているのです、当然私は会社に残りデスクワークではなく、運搬や黒子の作業に従事する傍ら会社を見守っていきたい、フジマルファンズの方や御施主様や協力業者の皆さんにはいろいろご支援やご指導を頂き心から感謝して居ります、ここまでこれたのも皆様方のおかげです、この御恩は決して忘れることはありませんし、これからも会社に残り色々なアイデアを駆使しながら『気持ちを込めた木持の良い家』づくりに邁進していきます、皆様には今まで以上にご指導、ご鞭撻頂けたら幸いと思って居ります、社長の大輔も私同様未熟者ではありますが、皆さんで育ててほしいと心より願っています。世間ではコロナ禍で大変な時ですが、こうした中で私たちの自然素材のすまいはコロナウイルスの消滅に大いに効果があります、杉板や無垢の構造材・珪藻土・漆喰の塗り壁は吸着して分解する時間がとても速いと言われています、住まい手の身体に良い、そして自然環境にも大きく貢献しているのです、このことは誰がどんなことを言っても揺るぎない真実なのです。こんな素晴らしい住まいづくりを絶対に絶やしては行けないのです、継承していく価値のある「木の家」です、皆で頑張ります今後ともよろしくお願いいたします。

新学期

孫も小学校2年生になり我が家は楽しい生活を過ごしている、当たり前と思えばそれまでですが、孫がいることは本当に楽しいのです、昨年我が社の御施主様が都心近くに嫁いでいる娘さんに子供が出来て、孫の顔見たさに近くに行きたくて大分にある家屋を売り引っ越したとのこと、それ程孫というのはかわいいものです、同感します。会社では今期は2名の新入社員が入社してきた、大工職人・左官職人志望ですが、自ら大工志望の新入社員に技術やツールのイロハを指導している、何年ぶりか刻み乍らの指導、飽きが来ないように一つことに集中させるのではなく、ローカルなことを実習しながらの指導、その中での突出した部分を見つけ、その部分を伸ばせながら波及効果や相乗効果を高め、各指導棟梁等とともに、最終的には6~8年で棟梁になるようなカリキュラムにしていく。手刻み・手加工は、熟練工が行えば遥かにプレカット(全て機械加工)より強度を保つことが出来るのです、100年は確実に長持ちします、時間もコストもかかるが、すまい手の方に心の扉を開いて喜んでもらうには、効率性だけでなく、数字では割り切れない非合理さ、人と人とのふれあい、アナログ的な部分が絶対に必要だと思う、人は理屈では説明できないことを体験したときに、心から感動するのです、我が社はいくら非効率と云われようとも、住まい手の喜びと幸せのためにこれからも『気持ちを込めた木持の良い家』手づくり・手加工のすまいづくりを邁進していく所存です。