残暑見舞い

 毎日暑い日が続いています皆さんお変わりございませんか?                 

お蔭で会社の皆は元気です.

 今年は特に暑い、1番暑い中での作業はやはり棟上時で屋根仕舞い、断熱材を屋根面に貼るときです、断熱材に遮熱材(アルミ箔) を貼ってあるものを使用するゆえ、夏の太陽熱を反射するので、ものすごく暑いその分家の中は熱が通らないから涼しい、このように施工は大変と思うが後の事を考えれば気持ちは楽です、この暑いときに4棟程建てる、何でもと思うが最初が1番が大変です、身体も自然も1〜2か月遅れで対応できるようになっているので、最初の厚さは身に染みる、2棟目からはだんだん慣れてくる。

 恐らく400〜500棟携わって来たが上棟だけは本当に心身が疲れる、怪我がなく上棟しなくてはならないという意識がものすごく強い、常に100点を取る姿勢で望まなければならない、もしも惨事があれば施主様や本人や取り巻く人々に大きな悲劇を与えてしまう、この事を嫌と云うほど云ってきた、無事に出来て当たり前の作業ですが本当に責任が重い1日です、何才になっても会社に出る以上は参加する予定です。

 デスクワークから炎天下の作業は心身共辛いが若者の成長が一番よくわかる。                    

シェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。