棟梁と言えばある程度の年齢を想像すのが普通ですが、私たちが手掛ける構造材表しの真壁づくり、在来からの構法と独自の構法を兼ね備えた強度ある架構は、誰でも真似出来ない、他社(毎年人気のある会社の構造見学を訪問している)と格段の違いがある骨組みです。今回施工面積を入れれば80坪になる建物を中村棟梁に任命した、棟梁になる前から墨付けや刻みといった難しい作業を金子指導棟梁が任せていた、部分的とは言いながら毎回すごく良く出来ていた、そしてある現場を1棟すべて任せた結果、今までにないとてつもなく生きた架構が組み上がった、間違いとか勘違いという域を通り過ぎた本当に素晴らしいものが出来たのです。                                                                                                                               棟梁になり初めての主担当であるこの現場、この大きくて非常にややこしい架構の図面でありながら、見事な段取りですばらしい精度の高い骨組を起ち上げた、参加した20名の社員大工達も危険なことなく・怪我なく無事に進捗できたことを皆で祝ったのです。

彼は今までの子とはっきり違いがある、解らないこと理解できないこと等、時間・場所にかかわらず徹底的に理解できるまで聞いてくるのです、ある日曜日私用で農作業をしていた時たんぼに来ての質問、いろいろ質疑応答を繰り返すうちに時間が経ち過ぎ、とうとう農作業をやめて家に帰ったぐらい応答に疲れた。(笑い

私も2日上棟に参加して中村棟梁の成長をこの目で確かめられた、「神の手」といっても遜色がないくらいです、又御施主様がいるからこうした喜びがものづくりにはあるのです、どうかこの御恩を忘れずに豊かな心を持った指導者になることを望んでいます。

2年前南イタリア研修旅行に社員と供に行く予定が我が家の事情で私達のみ行けなくなった、今回女房の一声で同じところを旅することになった、一度は行って見たかったポンペイの遺跡、紀元前7~8世紀頃に構築された町並みの素晴らしさに感無量の思い、この当時から下水道(水道管は鉛管を埋設している)を完備し劇場やレストランそれに数々の店や浴場、大きな庶民の広場を中心に開けた町並みは信じられないほど整然と区画されていた、日本の縄文時代にあたる・・・・飛鳥時代最古の木造建築法隆寺が建立された(7世紀≒西暦600年)法隆寺よりも≒1300年も前になる・・・・う~ン

ベスビオ火山の噴火により一夜にして消滅、多くの人や生物が亡くなり当時のままの姿が石膏で蘇る、まだ2~3割は発堀されていないとガイドさんは言っていた、何時しか未開の部分も蘇るでしょう、其の時又訪れるであろう心にポンペイの町を去る。

ナポリ2泊・ローマ3泊の旅、ローマの町並みや遺跡は前回と何も変わっていないが、商店・レストランの味付けやサービス、人々の愛想の良さ、あいさつや感謝語など互いの国言葉を何処に行っても耳にする、治安もよく本当に気持ちよい人達と触れ合うことができた。                                                                        前回は衛生器具等の汚いところや便座が壊れていたりが多かったが、今回一度も目にすることなくきれいに清掃され、トイレの扉も西部劇に出てくるような短い扉はなくなり、日本と同じようになっていた、良い物への国際化がどんどん進んできたことは間違いはない、今回5泊7日の休暇は本当にのんびり出来た、日本にないものを見てそして世界で通用するソフト面など、当たり前のことが沢山あるこれからは国際化の時代、私たちが手掛けなければならないことが山ほどある、「感性のある豊かな心の若者」育成にどう結び付けるのか最後は何時もこのことになる。

この時期今年も慣れないトラクターに乗り僅かあるたんぼを興した、今年は本業が忙しく1日しか空いてなくその1日に集中して昼飯も食べず作業をした、ところが近所の人が昼に帰ってこないきっと何かあったのでは・・・ということで態々たんぼまで様子見に来てくれた、川と接近しているので川に落ちているかもしれん・・・ということでした、なんとありがたいことか、その日は夜遅くまで作業をしていたら今度は手伝うということで別の方が来てくれた、そのあとも近所の方が心配してか様子見に来た、前回は差し入れまで頂いた、ありがたいことです。

親父が他界して野菜を作ってないことを近隣の方は知っているから、近隣の方々がいっぱいいろいろなものを差し入れしてくれる、おかげで野菜を沢山食べるので体重が大分落ちた、その他水が出しっぱなしとか凍結で水道管が破裂した時もすぐに連絡をくれた、本当に近所の方々には感謝しています。

我が社が入っている総合展示場では、我が社で実際に建てたすまい手の方が展示場の案内を11名様交代でコンセルジュ戴いています、近隣の方同様に心から感謝しています、御恩返しは魅力あるすまいづくりと魅力ある組織作りに邁進して、あの会社は素晴らしいと少しでも言われる様頑張って行きたいと思っています、今後ともよろしくお願いします。

 16年前に建てた住まいに自社の檜風呂を設置していた御施主様よりTELあり、漏れてはいないが底が黒ずみ痛んできたから見に来て・・・、この当時は差別化を目的に檜風呂(木曽檜300年物)を意外に多く提案していた、10~13年ぐらいの耐久性と伝えていた。懐かしさもあり自ら訪れた、挨拶をする前に16年経った外観をジィート眺め施工当時を思い浮かべる、さした変わったところはないが木の板壁は年輪が出て自然と美しくなっていた、16年では塗装が早すぎると感じる・・・そんなことを想いながら呼び鈴を押す、浴槽のこともさることながら、久しぶりに施主様とお会いし、懐かしさで時間を忘れ会話が弾む、肝心の浴槽は16年も経っているのに底板の隅が傷んでいただけで周りの檜板は美しく、解体しないで底部分のみ増し張りをすることで了解をいただいた、増し張りは簡単に施工が出来、気持ち良い浴槽に蘇る。

 当時も今と同じ外断熱でペアーガラス使用のすまい、断熱材の種類が変わったが建材やクロスなどいっさい使用しない自然素材100パーセントのすまいで、ほんのりと木の香りがあり気持ち良く生活されていた。

 当時の担当が阿南美根棟梁だったので、当然阿南棟梁に行かせた、一所懸命に造ったから修理に行きたいと思うのはみんな同じ、懐かしく感じ我を忘れその刹那の境地を味わうのである、造った本人ならではの感激である。

 

野口棟梁についに彼女ができた!!・・・聞いて数か月経つ

今度は続きそうな感じです、落ち着きが見られ仕事面にも出ている、内部造作もきれいです、今宇佐の現場を担当しているが今までで1番美しく綺麗に出来つつあります、私も工事中に数回足を運びました、行くたびに美しく感じるから寄りたくなってしまう、少しずつは皆進歩はしていますが、彼女が出来てからの伸びは全然違う、心にゆとりができたからか顔もやわらかくなりました、30半ばになると世帯を持たせたいと思うのは当然ですし、彼は本当にいい男です、常識を逸したことはしないし、はっきりした考えや口調を持っている好青年です、肉体は内臓もしっかりした健康体頑強な体を両親から授かっている、娘が独身の時に野口君を進めたほどです・・・、うまくいかなかったが(笑い。

このまま華燭の典を迎えられれば・・・と、願う昨今です。