一年の終わり

 今年は年初めから多忙であったが若者達に囲まれ又成長を見ながら無事に進捗し終えた、工務・営業・設計や事務の中で工務がこの2〜3年随分成長してきた、技術の習得は勿論人間的にも豊かな心の持ち主に変化してきた、出来た個々のすまいを見ると一目瞭然である、15年前から見ると信じられないぐらい進歩してきた、本人の努力も当然ながら御施主様方々や協力業者様の御支援や援助があっての賜と心から感謝しています。

 年初めにこれだけは完工すると決めておいても、例年年末にはキッチリ余裕を持って終わっているのが工務です、今年は25棟6億円の工事を完工してくれた、決して簡単な工事ではない、毎年各人からのニーズは難しくなっているし、価格も良い物を使う割には少しづつ下がって来ているそんな中での成長はひとしお価値がある。

 住まいづくりに従事して46年、建設業の許可を頂いて丁度35年が経った、今も上棟の日は朝から若者に交じって釘袋を締め金槌を振るっている、何時まで出来るか分からないが、今後も続けて行く、そして恩恵を受けた方々の住まいを何時までも守っていく為には、後継者育成は不可欠な事、人の命は長くて100年、自分等が手掛ける暮らしを守る住まいは何百年も耐久性がある、だからこそ跡取りは必要なことです、血縁とかは無視で皆で守って行くと言うのが本音です、継承していくことも大切な恩返しの一つです。

今年1年ありがとうございました。

シェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。