平成26年 謹賀新年

 

 円安・アベノミクスで企業の増益や株価の上昇は近年ない景気の上昇を辿っている、特にこれから先は物造り企業の発展と成長の時代とも言われているようです、消費税が4月以降税率で5%から8%にアップします、一時的に成長は平行線を辿るけれど8月以降は消費が活発化して年末には、円安がもっと進み日経株価もかなり上昇との見方が大手企業トップによる大半の予想のようです。

 住宅の購入に対してはいろいろな支援や援助があります、ローン控除と給付金(所得により現金の給付)、我社の住宅には木材利用ポイント、性能やその他の優良住宅に対しては、金利の割引等いろいろな支援があリます、消費税が上がってもそれ以上の支援があるので、今が1番住まいを建てる良い時期と思われる、ただ此処に来ていろいろな物資が上昇傾向に来ています、このまま進むとインフレを懸念する声さえあがっていますので、お金の価値も変わってくる可能性もあります。

 昨年は皆のバランスの取れた協力により目標であった6億円(新築にして25棟)の完工高を上げることが出来た、各棟梁等が3棟以上の完工と増改築工事、確実に迅速な高技術力が付いてきた、少しづつではあるが御施主様や地域に恩返しが出来るようになってきました、又昨年は久しぶりに2人が棟梁(山崎君・竹本君)に昇格しました、この2人に対しては新棟梁として限りない技術の向上を目指して真剣に精進してもらいたい。

 今年もこのバランスを壊さず皆の将来を信じて、すまい手の方に「差別化した付加価値の高い感動のあるすまい」を提供したいと強く願っています。

 今年も皆様が御健康で良い年でありますようご祈念申し上げます。

 

 

 

シェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。